スキップしてメイン コンテンツに移動

asoyaji DAC ・・・幸せな音

JPLAYで音楽を聴くようになって、音楽が一段と魅力的になりました。その後、リッピング環境を改善し、IDタグ除去、WAV統一と、PC環境は整いました。

JPLAYを始めようと思ったきかっけは「PCで音楽」のasoyajiさんのブログです。音に対する思いというか、感性が同じ(勝手にそう思ったのですが)なので、asoyajiさんの作るDACがほしくてほしくて。一方的にお願いしてみたらOKいただけて、作っていただきました。



レイアウトも美しい配置です。詳しい仕様は「PCで音楽」に書かれていますが、何と言ってもファインメット・ライン・トランス1010でしょうね。これに以前からずっと憧れて、恋い焦がれていたのですから。

聴いていることが幸せすぎる音です。高音、低音がどうとか、歪がどうだとか、そういう形容詞で語る範疇を超えた音です。気持ちがいい~幸せ~寝たくない~

そして、JPLAYとの相性が最高。DDCのxCORE-200は2000MIPSの超高性能で、DAC Link700で3時間一度も音が途切れません。

以上は、2016年夏のことで、その後DACはAK4495からAK4497に進化し、より一層の音質向上を認めました。


コメント

このブログの人気の投稿

JPLAYで最高のPCオーディオ

PCオーディオの頂点がJPLAYであることは、多くの方が支持されると思いますので、これについては論議しません。

PCは基本的に音楽再生のために設計されたものではなく、電気ノイズの塊です。したがって、何も対策していないPCからは、がさつな音しかしません。

近年のCPUはギガヘルツの高周波で作動し、マルチコアが当たり前で、しかも、USBラインには信号と同時に5Vの電源も流れています。USBを介して音楽再生をするためには、これらのノイズ対策が何よりも必要です。

まずは、音の良いマザーボード、電源、メモリー、必要電力の小さいある程度の性能を持ったCPU、振動対策のなされたケースが重要であり、この点で、オーディオ専用に設計されたPCを使用することが、高音質PCオーディオの近道です。吉田苑のESPRESSIVO SOUND PCは、オーディオ配慮がなされた最高のPCと思います。私のPCオーディオの概略図です。


OSが起動するディスクには小さな容量のSSDが望ましく(32GB)、可能であれば、このSSDを外部のクリーンな電源で駆動し、PCの電源とアイソレートしたほうが明らかに音はよくなります。自作のケーブルですが、アモルメットコアにケーブルを1回巻くことで素晴らしく音はよくなります。


音源は、近年DSDや192kHzPCMが当たり前になっており、2TB以上のHDDが必要なることがほとんどでしょう。私のシステムでは、JPLAYもしくはLightMPD/upnpgwにて、オーディオ専用PCにMedia serverと音源をおいています。このHDDとPCとの接続はSATAにしています。USBより明らかに音質は向上します。そして、このHDDの電源も、12VをHDDケースに入れるのではなく、12Vと5Vをそれぞれ別に、上記SSDと同様にアモルメットコアを通した自作ケーブルで稼働しています。これらすべての電源には、JSPCのDCラインコンディショナーが使用されており、絶大な効果があります。供給する電源はリニア電源が良いですが、秋月電子の日本製パーツを使用したACアダプターでも遜色はなくお勧めです。


CPUの選択ですが、Core i3がベターでしょう。現状では6100Tか7100Tということになります。メモリーは4GBを1本だけ、これが最高音質に重要です。吉田苑でcore i5が良いとの報告…

神話が崩れた~Corsair RM650x

XeonのPCが来るので、間に合わせのつもりで電源を1個用意しました。Corsair RM650xです。日本メーカー製105℃コンデンサを採用したフルモジュラータイプの電源ユニットと説明があります。なぜこれを選んだかというと、Audiophile Linuxの作者の方のPCとしてCorsair RM650iが使用されていること、そして常用域ではほぼファンが回らない(最大出力の40%未満)無音であること、書き込みの評判も良好であることです。ただ、音が良い悪いについての情報はほぼなく、結構勇気のいる決断でした。

HDPLEX 400W HiFi DC-ATXもあるのですが、24ピンの方が思ったほど音にパワーが出ないので、使うとしたら、RM650xを24ピンに使って、400W HiFi DC-ATXをCPUとストレージに使ってもよいかなと思っていました。

現在メディアサーバの電源は、最も贅沢してHDPLEX 400W ATX Linear Power Supplyで、完全リニア電源駆動にしています。自分的には、NAS代わりのメディアサーバPCを低ノイズにすることに最も力を注いできたからです。

一方、JPLAYのコントロール、オーディオPCは、24ピンは標準のニプロンの電源から、CPUとSSDは外部のリニア電源から取っています。これは以前検証しましたが、24ピンはリニア電源からとってもほとんど差がありませんでした。

前置きが長くなりましたが、Corsair RM650xを試すために、メディアサーバPCにつなぎました。24ピンだけでなく、CPUとストレージもすべてです。フルスイッチング電源です。そして、自分の中でのリニア電源駆動がスイッチング電源より圧倒的に音が良いという神話が崩れました。RM650xは、HDPLEX 400W ATX Linear Power Supply駆動と同等の音を出すのです。

自分の予想では、24ピンだけでも使えたらと思っていましたが、CPUへの12Vもストレージへの5-12Vもほぼ変わらないクオリティです(若干さ行の音がわずかに強調される感はあります)。電源投入初日なので、これから音は変わるでしょうが、悪くはならないでしょう。ロック好きの方にはたまらないと思われるほど音に力感があります。そして音の抜けが素晴らしい。この点はリニア電源よりずっと上…

CPU coreに目が眩みました

M fuさんが、Core i 7が良いとだいぶ前から報告していますが、実際聴いてないので、ピンときませんでした。現在使用しているCore i3 6100Tは、1 coreと2 coreはまったく音が違い、2 coreはピントがずれたような音になるので、私自身はsingle coreを使用してきました。

今日はLINEで、M fuさんから色々理論的背景を聞き、なるほどと思った次第です。実は先日FBでイーディオの飯田さんが、Xeon 8 coreと10 coreの組み合わせで激変報告もされており、M fuさんからも4 coreからまた世界が違うとの説明もありました。JPLAY日本語デスクのお勧めもi5以上になっていますし。4 coreで世界が変わり、8 coreで激変、聴いてみたくてたまらなくなりました。

聴かずしてsingle coreで満足もできないなと、M fuさん一押しのCore i7 7700Tを頼みました。single coreのSN比にみちた静寂感と4 coreどっちが上なのか楽しみです。M fuさんの殺し文句は、6Lのベンツでアイドリングで時速100km、燃費はリッターカー並み燃費はその代り1km/L・・・憧れますよね、そんなこと言われたら。

飯田さんのご報告された10 core Xeonまでダメもとで中国で探してきました。だめなら子供の動画編集に使えばよいかと思いまして。こんな調子だと、アナログに行きつけません・・・

盛りだくさんなオフ会

オフ会をしました。城後さんとKyoya78さんは初対面でしたが和やかに楽しい時間でした。吉田苑、JPLAY、X-DP10、10Mクロックは三人の共通点です。城後さんとKyoya78さんはアンプも同じです。それ以外の共通点も多く、話題も事足りませんでした。

〇 JOGO speaker専用台
作製をお願いしていたのを持ってきていただきました。響きが一段と良くなります。これで音を流しながら、うたた寝をしたり、好きな本を読んで過ごしたいと思うような素敵な音です。Kyoya78さんは初めて聴かれましたが、音楽に浸れる世界に共感されたようでした。次のアップグレードは金箔化です。

〇 nano iONE 
Kyoya78さんはすでに入手されています。城後さんは初めて聴きました。城後さんの第一声は「いいねえ、買おうかな」でした。知らない間に、DDCからDACに切り替えても、すぐにはわからないくらい、DACも時間を経て良くなっています。それでも、DAC自体は、既存のasoyaji DACやX-DP10には及びませんが、「比べなかったらこれでもいいかも」と思うレベルとの感想でした。Kyoya78さんは「ブルートゥースでアップルミュージックを聴くのに使おうかな」ということでした。私は、もう少し聴きこんでみます。使いこなしですが、Bus Power Pro2を介したほうが、JCAT USB cardからリニア電源供給より良かったのは以外でした。バスパワーはしっかりしたものが良いようです。さらにKyoya78さんが持参された吉田苑の9Vリニア電源をBus Power Pro2にいれるとさらに良くなりました。iFIのiUSB3.0も比べましたが、Bus Power Pro2とリニア電源が良かったです。

〇 Singxer SU-1
Kyoya78さんはお持ちです。城後さんも以前ユーザでしたが、今後再購入することになりそうです。nano iONEとの聴き比べでは、お二人ともSU-1が好みとのことでした。印象はやはり、SU-1がクールで、nano iONEの方が熱い感じです。SU-1に関して、Kyoya78さんがオーディオクエストのデジタルバランスケーブを持参していただきました。カーボングレードですが、凄く良かったですね。さすがオーディオクエストと思いました。X-DP10のUSB入力より、S…

デュアルPCの音はこれほどまでに素晴らしかったのか!

i7 7700Tが来てからというものずっと単体PCモードで聴いていました。その後Xeonも同様で、デュアルPCの音を忘れていたかもしれません。それも、i7もXeonも単体PCモードで十分すぎる音でしたので、デュアルPC要らないんでは?なんて思っていた時期もありました。そして、JCAT NETカードも2枚しかなく、1枚はメディアサーバーPCにつけましたので、今後も単体PCモードで行こうかとなんて思っていました。

でもXeonが想像以上に良かったので、i7の使い道としては、やはりメディアサーバーPCのCeleron 3930Tと置換して、その際デュアルPCで鳴らしてみようと思ったわけです。要するに、いわゆるトリプルPCからデュアルPCに戻してみました。コントロールPCが上図左側i7で1.86GHzに設定(65%クロック)、オーディオPCが上図右側Xeonで1.17GHz(最小クロック)です。OSはコントロールPCがWindows 10 pro、オーディオPCはWS2016です。

この音ははじめて聴く新鮮なものでした。たまらなく良い音です。今まで聴いてきたJPLAYのどの音よりもスケールが大きく、パワフルです。もしかしてSN比は、Single coreの方が上かもしれないけど、これだけ圧倒的な存在感の音を聴いてしまうと、昔の世界には戻れません。単体PCモードとはやはり格段に違うわけですね。もうこれ以上あるのか?今までも何度もそう思ったので、これで終わりではないのでしょうが、今まで聴いてきた遥か上級の音がします。i7とXeonの良さが相乗された音だと思います。

単体PCモードでXeonを聴いた時、DAC Link 700の音が強烈すぎましたが、デュアルPCモードではそれ程ではないのですが、自分には170の方が自然です。なお、JCAT NETカードの#2の方を使用しないとDAC Link 700で曲の途中で音が途切れます。これはM fuさんに教えてもらいました。#2のほうのネットワークでは、Windows 10 proとWS2016の組み合わせでもDAC Link 700で問題ありません。また、リモートデスクトップを使用するとヘッドレスのままでJPLAY settingが変えられるので便利です。

この良い音は、コントロールとオーディオPCの双方に使用し、最適化設定したJC…

Kona Linux 4.0 blackjack~最終版改定2

最終版改定のさらなる追加、待望のものです。テキストモードではグラフィックがオフにできなかったのですが、これが可能になりました。これで、名実ともにテキストモードが最高音質になりました。これも修正コマンドのコピペでネット経由で修正されます。

音質のテキストモードの最高音質にチェックを入れると、自動的にforeground no-daemonになります。ディスプレイオフでは、sshでディスプレイオンにするとか少々面倒なので、作者の方も書かれているように、background no-daemonとどちらが良いか決めてから、テキストモードにするのが良いと思います。

10 core XEONで、UltraCap™ LPS-1+ISO REGENをUSBにつけて聴こえてくる音は、JPLAYと趣は違いますが、優劣をつけることのできない極上のものです。background no-daemoが最高に好きですね。Kona Linux 4.0 blackjackでは、i7よりXeonが相当よい気がします(気のせいか?)が、また両者を比較してみます。

本当に、もう完成したと言っても良いかもしれません。英語版作って世界に発信してほしいです。加藤さんも昨夜インストールしましたが、多くの人から感想を聞きたいです。JPLAYと双璧です。

JCAT NETカードFEMTOの設定のため、インテルのネットワークドライバーe1000e-3.3.5.10を入れたいのですが、どなたかわかる方いれば教えてください。

RM650x~100V、115V、230V

現在i7 7700Tを実験的にJPLAY単体PCモードで聴いています。その電源はRM650xです。以前書きましたが、PCオーディオ用の電源としては優れていますが、PCIeカードの給電にはリニア電源がいるレベルです。またSSDやCPUへのリニア給電はテストしていませんが、それはあまり不満に思わないからです。

これまで115Vで聴いてきました。Kyoya78さんが、カシムラの1500W230Vトランスを先日持ってこられ、その多大なる威力を聴かされましたので、同じものを入手しました。なぜかヨドバシでは値段が大幅に上昇しており、アマゾンで購入しました。

3日間の通電が終わり、良い音になってきましたので、RM650xで100V、115V、230Vを比較してみました。いやはや、これが同じ製品かと思うくらい音が違います。もし、最初に100Vで聴いていたら、私はRM650xが良いなどとは決して書けませんでした。100Vでは単なるPC用の電源です。115Vで聴くと相当よくなり、オーディオ的です。ところがですね、230Vでは化け物的に音のスケールが増し、SN比が格段に良くなります。

RM650xの5V

先日上記のブログを書いていますが、その時と同じことを230V給電でしてみました。5Vリニアを超えることはないですが、115Vの時よりかなり良好なクオリティがあります。このことから、100→115→230Vでノイズも減っているのでしょうか?

スイッチング電源を使用するPCでは昇圧トランスによる音質向上効果は相当期待できるのではないでしょうか。私が115Vが良いと書いたために、もし115Vを購入された方がいましたら、誠に申し訳ないです。HDPLEXのリニア電源では、115Vより230Vの方が少し良い程度で、劇的な変化ではないですが、スイッチング電源では230Vが比較対象にならないほど良いです。

このカシムラの昇圧トランス、時々うなります。非常に短時間ですが。その点が少し気にはなります。ノグチトランスの115Vは一度もうなったことはありません。

悪魔のささやき~UpTone Audio

FBで情報交換している友人から罪なる宅急便が来ました。彼のPCが壊れて新しいのが来るのは当分先(なんとXeon TDP25WでのデュアルPC)で、「ちょっと旅に出るので、聴いてみませんか」と短期貸し出ししてくれました。ですので、先日のファインメットのようなパターン。


宅配便が不在だったので、22時に郵便局まで取りに行ってきました。ですので、今日は少ししか聴けませんが、せっかく送っていただいたので、第一印象を書きます。聴き慣れたJPLAYで聴きました。

UltraCap™ LPS-1
ISO REGEN
USB REGEN

の3つが入っていました。特に上記2つは評判が良くて、いつも売り切れです。私も以前から彼に聞いて気にはなっていたのですが、2つで655ドルもするんで、買う勇気がなかったです。

とくにUltraCap™ LPS-1は世界で最もノイズの少ないアナログ電源と称されていますが、バッテリーのようなものらしいです。3.3-7Vが出せますが、最大1.1Aまでと用途が限られます。ISO REGENは、USB REGENの進化系で、いわばUSBアイソレーターです。UltraCap™ LPS-1でISO REGENを駆動する、最高の贅沢な音を経験できました。

ISO REGENにはDACもしくはDDCと接続する専用のUSB A>B adapteがついていますが、今日のところは、DDCの電源ケーブルが干渉して、正規の使用ができませんでした。ですので、暫定的な音かもしれません。

音はですね、これまた聴いたことのない、肩の力が抜けるような、癒しの音です。ホームページにはこう書いてあります。まさにこの通りです。

Over time, with the ISO REGEN in place, you will experience less listening "fatigue" and will simply find it easier to focus on the music and not the sound.

昨日のKona Linux 4.0 blackjackの飛び切りクリアな音と対極にある音です。おそらくUSB端子までデジタルデータにくっついてきたいろいろなノイズが可能な限り取り去られた音だと思います。

世の中にはまだまだ知らない凄いものが…

Core i7 7700T(1)~第一印象

ちょっとやりすぎとは自分でもわかっています。馬鹿だなあと思われているでしょうが、CPU coreで音がどうなるのか、知りたい・・・ただそれだけです。でないと終われない気がして。

Core i3 6100Tの1 coreで十分満足していたのです。M fuさんが、i7の4コアは別格と言うし、Xeon 8 coreで激変と飯田さんが言うし・・・

まずはCore i7 7700Tがきました。4 coreで2.9GHz、8MBスマートキャッシュ、TDP35Wです。マザーボードはASUSのH270で、今回はmicro ATXにしました。HTTはオフにして、電源管理はオンのままです。今回は暫定的に付属のCPUクーラーを使用しています。

JPLAYシングルで、JCAT USBカード、NETカードFEMTOをつけました。OSはWS2016で、4GBメモリー、電源はRM650xです。音源は、メディアサーバーPCでMinimserverを動かし、JCAT NETカードFEMTO経由で送り出しました。ヘッドレスにして、ノートPCにてコントロールポイントで選曲しています。CPU、マザーボード、NICともバーンインが不十分なため、あくまで第一印象です。4 coreで聴いています。

音の評価は今後になりますが、わかったことは
1)電源管理で、CPUの最小・最大の周波数を0%にすると0.75GHzで動きます。ノイズは極めて少なく、 i3 6100Tで感じた2 coreのノイズ感は皆無で、まるで1 coreのようです。
2)DAC Link 700で止まりません。
3)電源管理で、CPUの最小・最大の周波数を100%にすると、とたんにノイズ感が増して、聴けないほどの音になります。

要するに、高性能のCPUだからこそ、最低限の電力で稼働させても、JPLAYのDAC Link 700を止めないで動かせるだけの余力があるということでしょう。この点には、新しいJCAT NETカードFEMTOの能力もかかわっているかもしれません。coreの数が大切なのではなく、CPUが使用するトータルの電力を下げつつ、CPUパワーもある程度確保することが、JPLAYの使いこなしに大切なのでしょう。

音の感想は、良さそうな気がします。音が荒いのは、3日ほどしないとほぐれません。その後、同じH270のCeleron G393…

天国に近い音~産業用CFカードとCF to SATA adapter

以前少しブログに書きましたが、産業用のSLC CFカード(Apacer)の32GBと、中古のTCXO CF to SATA adapterを入手しました。マーシンはオーディオPCに、産業用のSLC CFカード16GBとOCXO SATA-CF adapterを使用しており、最高のクオリティとのことでした。

いきなり、OCXO SATA-CF adapterを買うのはちょっと勇気がいりますが、JCAT shopで370ユーロで売られています。注意書きに普通のインストールはできないようなことが書かれていたりするので、まずは中古のTCXO CF to SATA adapterで使ってみて、よければOCXO SATA-CF adapterにしようと考えました。

これまでSSDでの音の変化は、インテルのSLCで十分わかっていましたし、オーディオPCで最もその変化量が大きいこともわかっていました。そして、SLCも民生用より産業用の方がずっとグレードが高いこともわかっていましたが、SSDがたくさん転がっていますし、なかなか買えていませんでした。どうせやるならクロック付きのマーシンに近いこの環境でと思い、時間はかかりましたが、海外から取り寄せました。

通常のやり方はできないとは書かれているのですが、ちょっとやってみようと、SATAケーブルで接続し、WS2016でUSBのISOからのインストールを試みました。最初はできないと警告が出ましたが、fomatをすると、インストーラーが走るではないですか。ということで、最も危惧していたOSのインストールをクリアしました。速度は非常に遅いので、時間はどうしてもかかりますし、OSのアップデートも気長に構える必要があります。完璧な環境を整えた同容量のSSDがあれば、クローン作ったほうが時間的には短いかもしれません。

オーディオPCはXEON、コントロールPCはi7です。SU-1経由のX-DP10とasoyaji DACで聴きました。オーディオPCはコルセアのリニア電源をとりあえず使用しました。JCAT shopにはリニア電源で使いなさいと書いてありますが。

これまでも激変とか色々書いてきたので、あまり大げさなことは書きたくはないですが、これまでのPCオーディオ歴でもっとも大きな衝撃と言って良いかもしれません。X-DP10を外部クロック+10Mク…