スキップしてメイン コンテンツに移動

asoyaji DAC ・・・幸せな音

JPLAYで音楽を聴くようになって、音楽が一段と魅力的になりました。その後、リッピング環境を改善し、IDタグ除去、WAV統一と、PC環境は整いました。

JPLAYを始めようと思ったきかっけは「PCで音楽」のasoyajiさんのブログです。音に対する思いというか、感性が同じ(勝手にそう思ったのですが)なので、asoyajiさんの作るDACがほしくてほしくて。一方的にお願いしてみたらOKいただけて、作っていただきました。



レイアウトも美しい配置です。詳しい仕様は「PCで音楽」に書かれていますが、何と言ってもファインメット・ライン・トランス1010でしょうね。これに以前からずっと憧れて、恋い焦がれていたのですから。

聴いていることが幸せすぎる音です。高音、低音がどうとか、歪がどうだとか、そういう形容詞で語る範疇を超えた音です。気持ちがいい~幸せ~寝たくない~

そして、JPLAYとの相性が最高。DDCのxCORE-200は2000MIPSの超高性能で、DAC Link700で3時間一度も音が途切れません。

以上は、2016年夏のことで、その後DACはAK4495からAK4497に進化し、より一層の音質向上を認めました。


コメント

このブログの人気の投稿

JPLAYで最高のPCオーディオ

PCオーディオの頂点がJPLAYであることは、多くの方が支持されると思いますので、これについては論議しません。

PCは基本的に音楽再生のために設計されたものではなく、電気ノイズの塊です。したがって、何も対策していないPCからは、がさつな音しかしません。

近年のCPUはギガヘルツの高周波で作動し、マルチコアが当たり前で、しかも、USBラインには信号と同時に5Vの電源も流れています。USBを介して音楽再生をするためには、これらのノイズ対策が何よりも必要です。

まずは、音の良いマザーボード、電源、メモリー、必要電力の小さいある程度の性能を持ったCPU、振動対策のなされたケースが重要であり、この点で、オーディオ専用に設計されたPCを使用することが、高音質PCオーディオの近道です。吉田苑のESPRESSIVO SOUND PCは、オーディオ配慮がなされた最高のPCと思います。私のPCオーディオの概略図です。


OSが起動するディスクには小さな容量のSSDが望ましく(32GB)、可能であれば、このSSDを外部のクリーンな電源で駆動し、PCの電源とアイソレートしたほうが明らかに音はよくなります。自作のケーブルですが、アモルメットコアにケーブルを1回巻くことで素晴らしく音はよくなります。


音源は、近年DSDや192kHzPCMが当たり前になっており、2TB以上のHDDが必要なることがほとんどでしょう。私のシステムでは、JPLAYもしくはLightMPD/upnpgwにて、オーディオ専用PCにMedia serverと音源をおいています。このHDDとPCとの接続はSATAにしています。USBより明らかに音質は向上します。そして、このHDDの電源も、12VをHDDケースに入れるのではなく、12Vと5Vをそれぞれ別に、上記SSDと同様にアモルメットコアを通した自作ケーブルで稼働しています。これらすべての電源には、JSPCのDCラインコンディショナーが使用されており、絶大な効果があります。供給する電源はリニア電源が良いですが、秋月電子の日本製パーツを使用したACアダプターでも遜色はなくお勧めです。


CPUの選択ですが、Core i3がベターでしょう。現状では6100Tか7100Tということになります。メモリーは4GBを1本だけ、これが最高音質に重要です。吉田苑でcore i5が良いとの報告…

115Vステップアップトランス(1)

これを入れたら良くなることは理論的に分かっていましたが、これまでの音にあまりに満足していたので、今日まで知らぬ存ぜぬで来ました。ところが、ある方のブログで、このトランスを使用して海外アンプを駆動したところ、大幅に音が良くなったという記事をみて、「これはいかん」と思いました。寺本さんに相談してみたら、「そりゃ良くなるさ、ファインメットで作るよ、高いよ」と言われまして、ノグチトランスなら大丈夫だろうということで、まず非ファインメットのステップアップトランス(U-1500ED)を手に入れました。20700円でした。

話がわからないですよね、何に使うって、HDPLEXの400W ATX Linear PSUと100W Linear PSU(現行製品は200W)のリニア電源装置です。


これらは、海外からの個人輸入で115V110V仕様、100Vでもたぶん動くだろうということで、個人の責任で使用していたものです。実際、きちんと5、9、12、19Vは実測ででていますし、音も良いし、1台で複数の機器にリニア電源を供給できる装置として大活躍していました。
前置きは、このくらいにして、今日届きました。音出しした瞬間に、想像を超えるエネルギーの音がスピーカーから噴出してきます。あふれだすエネルギーに圧倒され開いた口がふさがりません。これがかかわっているのは、PCだけなのに、まるで違うアンプとスピーカーのようです。これが本来のリニア電源の音なのですか?110V115Vを100V使用している分やはり音のエネルギーが失われていたのでしょう。
通電したばかりで、時間とともに、細かい音が出始めていますが、数日のエージングは必要とは思われますので、最終的な評価は待ちたいとは思いますが、異次元の世界にこの小さなステップアップトランスが導いてくれそうです(エージングしても、このまま精細さが戻ってこなければだめですが)。電源は重要ですね。これをファインメットで作ったら怖いことになりそう、金額も・・・怖いから聞いてないですが。

吉田苑PC X 400W HiFI DC-ATX

先日400W HiFI DC-ATXを使ってみてよかったので、もう1台注文したら、今度はあっという間に来ました。現在吉田苑PCは24ピンは内蔵のニプロン電源から、CPUの12VとSSDの5VはHDPLEXのリニア電源から取っています。

400W ATX Linear Power Supplyが来たとき、吉田苑PCでいろいろテストしています。

http://hyper-pc-audio.blogspot.jp/2017/04/jplaypc400w-atx-linear-power-supply.html

その時は、24ピンは吉田苑PCと差がありませんでしたが、CPUの12VとSSDの5Vはリニア電源のほうがかなり良かったです。

今回は400W HiFI DC-ATXでどうなるかテストです。というのもHDPLEXの2台のマルチリニア電源から19Vで給電すれば、吉田苑PCに電源ケーブルをささないで済むのと、外部からDCアダプターで給電するのも配線的にややこしいので、400W HiFI DC-ATXに統一できないかと思ったのです。

400W HiFI DC-ATXの印象は、音が透明で綺麗ですが、400W ATX Linear Power Supplyに比べると低音が物足りませんでした。吉田苑PCではどうでしょう。

まずコントロールPCだけ変えましたが、全体に軽い感じになりますが、悪くはないです。リニア電源からCPUの12VとSSDの5Vをいれたクオリティとあまり差はないです。しかし、オーディオPCにも400W HiFI DC-ATXをいれると音は極めて透明で軽快ですが、全く低音が物足りません。2台とも400W HiFI DC-ATXでははっきり言って失格です。

結論としては、吉田苑PCでは24ピンはもともとのニプロンの電源がはるかに良いです。CPUの12VとSSDの5Vは400W HiFI DC-ATXが良いですが、すでにリニア電源化している方は、あえて400W HiFI DC-ATXにする必要はないです。この結果から、24ピンの電源が低音にいかに重要かがわかりました。

Kyoya78さん、400W ATX Linear Power Supplyと400W HiFI DC-ATXの併用では、程よい低音が出るような感じですが、コントロールPCとオーディオPCにどちらを使っ…

kyoya78さんのPC計画

kyoya78さんのために書いておきます。リンクは最安値を調べたわけではないですが、信頼置けるところです。

JPLAYのデュアルPCモード、およびlightmpd用のUPnPサーバPCです。今回は2台用意します。

〇 電源

HDPLEX 400W ATX Linear PSU
http://www.hd-plex.com/HDPLEX-Fanless-400W-ATX-Linear-Power-Supply-with-Modular-ATX-Output.html

HDPLEX 400W HiFI DC-ATX
http://www.hd-plex.com/HDPLEX-400W-Hi-Fi-DC-ATX-Power-Supply-16V-24V-Wide-Range-Voltage-Input.html

これは115V仕様です。近日中にノグチトランスのオーディオ用115Vステップアップトランスがきますので、これもあったほうが良い可能性があります。

400W ATX Linear PSUをコントロールPC兼UPnPサーバPCに使用、400W ATX Linear PSUの19VをHDPLEX 400W HiFI DC-ATXに入れて、オーディオPCに使用。オーディオPCのCPU用12Vは400W HiFI DC-ATXのものは使わないで、400W ATX Linear PSUの12Vを自作ケーブルで入力。同じく、SSD5Vも400W ATX Linear PSUの5Vを付属ケーブルで使用したいのですが、足りないので今回は400W HiFI DC-ATXを使います。

〇 ケース


SilverStone Grandia CASE ATX SST-GD09B
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00KXO0AF8/ref=oh_aui_detailpage_o06_s00?ie=UTF8&psc=1

これが値段の割にしっかりしていて、底板も銅箔テープとアルミガラスクロステープで補強すれば問題ないのでよいと思います。これを2台

〇 マザーボード

ASUS PRIME H270-PLUS
https://www.ark-pc.co.jp/i/12102552/

PCIe6本使用でき、BIOSでマザーボード機能の停止が徹底的にできる、そし…

エレコムCAT7 LANケーブルで音が変わった理由~修正あり

7/4の書いたことに誤りがあったので、修正します。

・訂正①
まず、playlist lineに以前使用していたオーディオクエストのFORESTですが、CAT7のものでした。しかし、これを接続しても通電しません。たしかに、金属の部分の端子間をテスターで調べても、通電がないのです。

・訂正②
当初、USBケーブルをぬいた状態で通電テストをしました。その結果は正しいのですが、USBをDACと接続すると、DACがアースされているので、2つのAPU2間が通電状態になるのです。これを見逃していました。

①と②からは、エレコムで音が良くなった結果は通電ではないことになります。しかし、USBラインを介した通電は、かなりまわりまわった通電なので、CAT7ケーブルで短絡されたことが音に影響したと考え、上記の写真の様に、APU2間をシリアル端子で短絡してみました。

すると、非通電のCAT7であるオーディオクエストのFORESTでも音がエレコムに変えたときに似通ってきます(具体的には、歯が浮いたようなしっくりこない高音が落ち着きます)。この短絡にも方向性がありました。

これから言えることは、APU2間は単に通電しておればよいのではなく、LANケーブルで直接的にアースすることが重要と言えそうです。

そして、CAT7以上のLAN端子は、通電性を保つためにも、がたつきを抑えるには、先日紹介したふっ素樹脂樹脂粘着テープではなく、導電性のものを使用しないといけないですね。

以下が、7/4のもとの記載内容です。
7/2にlightMPD/upnpgwのAPU間通信において、playlist lineのケーブルをエレコムCAT7 LANケーブルに変えると極端に音が変わった(良くなった)と書きました。その時は、ケーブルの質の違いかと思いましたが、今日テスターで通電具合を測定してみたところ、その理由がCAT7ケーブルによるアースの影響であることがわかりました。

エレコムのケーブル以前では、2つのAPU2間には通電がなかったのです。日本テレガードナーのCAT7aケーブルが入ってくるAPU2の方は、当然M12 SWITCH GOLDと通電しており、地中アースにつながっています。これまで2台のAPU2はオーディオクエストのLANケーブルで通信しており、この時は、mpd playerの方のAPU2がアースから…

asoyaji DACをプチ改造(2)

先日は、DDCの電源にアモルメットコアを入れましたが、本日は、DACの3.3Vと5Vラインにアモルメットコアを入れてみました。

これは効きます。城後さん、これはしないといけないです。音の輪郭がややあいまいであったところがなくなり、引き締まった音になります。

午前中Mさんがお見えになり、音を聴いて行かれました。以前は2か月ほど前でしたので、バスドラムのスピード感の進歩に驚かれていました。DACは、Nmodeよりasoyaji DACが好みとのことでした。

asoyaji DACもファインメットトランス電源ができましたので、いずれ変えないといけませんが、楽しみが多すぎます。

400W HiFI DC-ATX

これ売れてるみたいで、すぐに在庫がなくなります。HDPLEXに注文して2週間ほどできました。88ドルでしたが、今日は92.5ドルに値上がりしてますね(なぜ?)。

HDPLEXのマルチリニア電源から19Vを入力あるいは、同社の300W AC-DC w/PFCから入力し、24ピン、CPUの8ピン、ストレージの4ピン(使うことは少ないがPCIe用の出力もあり)が出せます。要するにリニア電源を入力としたDC-DCコンバーターです。以前の製品より品質が向上し、オーディオグレードになっています。


ケーブルも一式付属していますが、PCケースに内蔵する(同社のケース)使い方なので、ケーブルは短いです。400W ATX Linear PSUから給電しているUPnPサーバーPCのケーブルを流用し、この400W HiFI DC-ATX を接続してみました。

極めて透明度の高い音です。DC-DCコンバートされているとは感じませんし、これだけ聴いたら完ぺきではないかと思ってしまうほどのクオリティがあります。この音をこの値段で出すとは驚異の製品だと思います。

400W ATX Linear PSUに戻すと、やはり音のエネルギー感が全く違います。したがって、下克上はありません。最高は、すべてのPCに400W ATX Linear PSUでしょうが、2台体制なら、コントロールPCに400W ATX Linear PSU、オーディオPCに400W HiFI DC-ATXは十分満足できるものだと思います。

CPUの給電だけは、12Vをリニアで直接給電したほうが良いような気がします。できればSSDの5Vも同じです。そのうち違いも調べたいと思いますが、思いのほか音が良かったので、そのままでも不満を感じるレベルではありません。


私は、やっとの思いで組みたてたH5 caseで使用しようと思っています。

WS2012R2の完全アップデート

WS2012R2は発売から数年たち、おそらくもうしばらくするとサポートも終わるかもしれません(すでに第7世代インテルCPUの対象外)。しかし、JPLAYのDual PCでDAC Link 700を達成するのは、コントロールPCにWS2012R2を使用しないと無理なのは周知のところでもあります。DAC Link 700が果たして必須かどうかは別として、まだWS2012R2を使用されている方も多いと思います。

このOSをインストールしたあと、面倒なのはアップデートがあまりに時間がかかること、現在は解決されているかもしれませんが、以前は無限ループになることもあったり、とてもストレスのかかる作業でした。ですので、無限ループにならないよう、最低限必要なアップデータをあらかじめダウンロードする方法を推奨し、PCで音楽にも紹介されいます。

それを入れた状態で聴いていたのですが、昨今のWindows10、WS2016のアップデートでの音質向上があまりにも著しいので、WS2012R2もオプションも含め、完全アップデートしてみました。ディスプレイのドライバーはいらないので、後でアンインストールしました。

結果は相当よくなります。WS2012R2単独の音を聴いた訳ではないですが、先ほどWindows10を8GBにして良くなったと書いた音が、さらに磨かれました。昨日からの更新作業で、いったいどれほど良くなったか、もはやDACを変えたがごとくです。ぜひぜひ、完全アップデートしましょう。

追記)城後さんにも同じように実行してもらいましたが、激変しましたとの連絡がありました。

115Vステップアップトランス(2)

この写真はアンテロープのためでなくて、Singxer SU-1のために撮りました。115Vステップアップトランスとどう関係があるって、SU-1は定格入力110Vなのです。ですので、115Vを試してみたかったのです。

以前、Nmode DAC X-DP10(6)同軸・AUS/EBU入力で、SU-1からX-DP10に入力して書いています。
http://hyper-pc-audio.blogspot.jp/2017/04/nmode-dac-x-dp106ausebu.html
その時は、空きUSBにシステムエンハンサーを接続すると、ほぼ互角か、SU-1からの同軸・AUS/EBU入力の方がいいかもしれないという結果になったと自分は書いています。まあ、劇的な違いはないと感じた記憶があります。

115V入力されたSU-1は途方もない音にX-DP10を変えてしまいます。10Mクロックで武装したX-DP10は、PCM入力に関しては完璧と思っていましたが、SU-1経由のAUS/EBU入力の音は、凄すぎます。昨日感じた印象がより強まった感じで、エネルギーの塊のような音、なのに繊細な音なのです。100Vと115Vでは、SU-1は全く別物ですね。これがSU-1の真の実力だったんですね。X-DP10はUSB以外の入力はPCMだけですが、もうそれで結構です。もう昨日からKOされっぱなしです。

115Vステップアップトランスは2日目で、繊細さも出してくれています。もっと良くなりそうだけど、今日の時点で完全に合格、太鼓判を押して推薦できます。あとはアイソレーショントランスとはどう違うのかが気になります。

AudioPhile Linux V4を聴いてみよう

まず、APL本体をダウンロードしましょう。12時間以上かかります。私は3.24ユーロをカード払いで10数分でダウンロードしました。
https://www.ap-linux.com/download/

4GB程度のUSBメモリー、refus2.14を用意します。refusでUSB起動ディスクを作成しますが、足りないファイルは自動的にネットからダウンロードしてくれます。

PCは専用のSSDかHDDに入れましょう。本格的に使用するなら、32GB SSDがノイズが少なくてよいですが、練習用にあまったHDDでもよいかもしれません。後で、音源用のSSDもしくはHDDを別に設定もできますし、大きめのディスクなら、その中のMusicフォルダーに音源をコピーするだけです。HDDでも起動は迅速です。メモリーは4GBで十分です。1枚だけにしましょう。

PCのBIOSはデフォルトに戻しておきます。インストールディスクは、別PCでOSのない状態、パーティションのない状態にしておきます。起動に用意したUSBを差してスイッチを入れます。キーボードが日本語なら、"="は1つ右のキーです。オンボードデバイスのオーディオはオフがベターです。Linuxはスペースが一つなくても、あってもコマンドは受付ませんので、よく見ましょう。

USBからArch Linuxが起動します。あとは、説明ページの通りですが、少し補足します。
https://www.ap-linux.com/documentation/ap-linux-v4-install-instructions/

# fdisk /dev/sda
次に
# command: o
で"dos" label typeを選択
# command: n
primary, 1, と選び、次の質問はリターン、リターンでデフォルトを選びます。
# command: p
これは確認です。larbel typeがdosになっているのを確認しましょう。
# command: w
これで上記設定を書き込みます。

# mkfs.ext4 /dev/sda1
これでフォーマットします。

# mount /dev/sda1 /mnt
ディスクをマウントします。

# time cp -ax / /mnt
# arch-chroot /mnt …